建築だけでなく不動産売買も一括で引き受けてもらう

同族会社を設立(すでに同族会社がある場合は

平均面積100平方メートルといったところであろうか殆どが100戸以上のマンション供給が続いた購入対象となる世帯はファミリーである。安売りを目指して、バブル景マンション販売競争は各社、土地の仕入れにも工夫した。気の時期に拡大志向で建設したデパートの配送センターや放送局のサテライトスタジオをマンション事業者が払い下げたこともあった。
多摩ニュータウン内であっても売却後10年を経た土地には新住宅市街地開発法が及ばないことを利用して、容積率を最大限活用してマンションとして販売するディベロッパーもあらわれ、多摩ニュータウンにおける計画性を根幹から失った市街地形成が始まった。住宅開発が公的な主体から民間に移ったその街の開発は現行法の中で進められていく。思いがけず超高層の住宅が建つ。幼稚園用地にマンションが建つ。
学校用地が売却されて……と多摩ニュータウン計画の実態はれまでの公的計画が築き上げた都市像を一変させ居住者の感覚を麻痺させている。
こうした生き馬の目を抜くような販売戦略によるマンション供給に加え、それまで住宅

併設を拒んできた多摩センター駅前の土地利用に住宅併設を解放したものだから、一挙にマンション供給が再燃した。
多摩市最大五1110戸のマンション、多摩ニュータウン最大の六八〇戸の定期借地権マンションなど、大量の民間マンションが引き続き供給されるよう相次いで供給される巨大マンションの行く末は次の世代が評価を加えることにになった。
なるのだが、一方で敷地に相当な余裕のある初期の分譲団地六四〇戸の建て替えも進められており、新たな多摩ニュータウン内でのマンション供給の手法となりつつあるしかし、こうしたマンションブームも長くは続くまい。団塊ジュニアの購買意欲が落ち着くと住宅需要も安定すると思われ、そこには今ある建物の老朽化をひたすらコントロ長期に活用することが課題になるだろう。
年後の人口が急速な減少を予測さルして、五れる中で、どこまで既存建物の利用者が住み続けるかが次なる大きな課題になるに違いない。

引き潮の時代の中で、こうした資産を如何に活かすかが多摩ニュータウンの大きな課題となることは間違いない。日本経済と多摩ニュータウンバブル経済崩壊以降の住宅事情多摩ニュータウンもまた日本経済の浮沈に翻弄されてきた。街開き早々のオイルショックに始まりバブル経済の崩壊に泣いた人々が沢山いて、今は売れ残り処分の土地でのマンションブームに踊らされて買い続けている人たちが集まっている。
何が待っていこの先、るのか想像するのも恐ろしい住宅事情であるが、最近の多摩ニュータウンでのマンションブームがもたらすだろう姿を独断と偏見を交えて解説してみよう。バブル景気は一億総不動産屋と言わしめるほど多くの人を不動産市場に釘付けにした。人々は持ち家を売って、さらに新しい大きい住まいに移っていった。
住宅双六の頂点である戸建て住宅にも多くのマンション族が転居していった。新築だけではなく中古物件も高く売れた時代である。
日本のニュータウンを知るちょうど団塊世代が住宅を求める最後の時期にあたっていて根強い住宅需要があることを背景に急ピッチで建設が進んでいった。この機を逃すと持ち家など持てないと言う風潮が広がり、高値でも買うという流れが出来上がっていた。元々は経済のグローバル化で、都心部の業務床が不足するという危惧の中で、都心地価の急騰から波及した土地バブルであったが、団塊世代の住宅需要と重なって多くの世帯が住宅取得に走った。
オイルショックの時にはトイレットペーパーの買い置き騒ぎだったがバブル景気では住宅という高額な買い物を追いかけていて、商品価格としても耐久消費財としての価値の違いも大きすぎることから象徴的な違いがある。オイルショックでは賢明だった人も、経験を生かせず高額になった住宅を無理して買った。そんな時代だった。私の事務所もバブルに沸いた。仕事は山ほどあるし、単価もべらぼうに上がってくる。
業務量に対して売り上げが伸びてしまう状況で、高額な法人税も支払った。収入が増えるのでだから高額なマンションを買うという動きに走る。自宅購入のみならず購買意欲は増す。
賃貸マンションへの投資など不動産投資に走った人、ゴルフ会員権に群がった人、証券に投入した人など多くの人がバブルに沸いた。

そして終わった。

バブル経済の崩壊で多くの悲劇も生まれたが、何とか生き残っている人々の中には思いがけない住宅ローンを抱えて息絶え絶えの人もいる。住宅ローンを返済するために専業主持ち家を手放して賃貸住宅に移婦がパートに出る。子供の学資に困って実家の親に頼る。中にはうまく売り抜けて財を築いた凄るなど、自らの進退を掛けた選択を迫られた人々。腕もいるかもしれないが、多くは辛酸をなめている庶民がそこにいる。

やがて日本経済はバブルのツケは個々の家計に深く浸透バブル崩壊から落ち着きを取り戻していくのだが、しかし、何故かその後も住宅ブームは続いている。していくことになる。当時の全国平均の空き家率を見るとバブルが始まった昭和六三年の時点では九パーセントを越えていた。それが平成五年には一0パーセント近くになりバブルがはじけた平成一0年には11パーセントを上回っていた。
空き家は昭和四三年に総世帯数を総戸数が上回って以来増え続けてきた。決して飽和状態になることなく増加の一途を辿っている。
バブル以降急速に増加し、ついに平成一五年調査では111パーセントを上回った。その殆どは賃貸用の住宅持ち家化が進んでいる現状から、さらに利用されない住宅の増加が今後が占めているが、も続くと予測できる。

成年後見制度

税務調査の現場

緊張して怖い
地方居住を選択す人も移動している。郊外から都心部への回帰現象も顕著ではあるが、だから住宅が余っているリタイア組も顕在化していて住まいの多様化が一層進んでいる。る地域にはさらに空き家が増加して、不足している地域には建設が進むというホットスボットとコールドスポットがにわかに生まれている。
さらにこうした動きは顕著に今後、置かれその影響で地域の活力も左右されることが容易に想定されることから、現れるし、

た地域の状況に柔軟に対応する取り組みが欠かせない。ニュータウンが今後どのように進むのかは、こうした状況に照らし合わせて占うしかないようである住宅バブルの裏側「時代の終わりにはその時代を象徴するような記念物が生まれ後世の遺産として残る。
」バブル景気の崩壊は時代の終焉と共に都市にとは恩師、八木澤壮一先生の口癖だったが、住宅資産や大規模な使わないオフィス群を残した。

ニューヨークのマンハッタン島では超高層建物がひしめくが、決して新しい建物だけではなく古いものが長きに渡って使われているし、ヨーロッパ最大の都市パリの姿は歴史そのものと言って良い。世界の高密度都市人。であるニューヨークマンハッタン区の夜間人口はヘクタール当たり二四パリも同様高く、ヘクタール当たり二〇五人であり、これに対して東京二三区ではヘクタール当た二八人、さらに都心四区はヘクタール当たり八八人と少なく、中央区のようにここ五年で人口が三割増えたと言っても、到底ニューヨークやパリには及ばない。
すでに都心回帰の動きは収まりつつある状況であり、東京都心部はどう頑張ってもニューヨークやパリのような高密度居住都市にはならないと思う。それは居住にふさわしい安価な住宅ストックがないからで、一部の金持ちのための六本木ヒルズは生まれても庶民が居住する住宅ストックは生まれないという実体的な都市構造が東京にはあるニューヨークやパリのことを想定してみよう。
都心には積み重ねてきた住宅ストックがたマンハッタンの中心部に公営住宅やコンドミニアムがあり、くさんある。ソーホーには都心に気ほまに住む仕掛けが作られている。
それは新しく作るのではなく、古くから蓄積をしてきた社会資産としての住宅がある。
課税価格の合計額パリも同様で、社会資産としての都市住宅の蓄積が使われているからこそ都心の活性化が保たれる。それに対して東京の土地利用は低密度で、唯一のチャンスであった戦災復興も大規模な土地活用計画の実施には及ばず、農地解放や小規模宅地の優遇措置などで、小規模地主の経済活動を優先してきた。だから、土地をまとめて再開発するマンション利用などの共同化、不燃化の動きは鈍く、土地の細分化が優先される宅地分譲に終始し、建物も木造の簡易な建物を誘導し短期間での更新を余儀なくさせた。
結果として都市基盤を形成するような土地利用は進まず、良質な都心居住を支える環境整備は整わなかったという歴史があるそんな中で、国は今になって都心居住をもてはやしてはいるが、全て都心部にある工場跡地など企業用地の活用や、公的資金を投入した再開発による住宅供給しか方法がなく、結果として高額なマンションとして新規供給する住宅でしかないのが現実である。

これではとても都心の居住密度を上げることは出来ないし、普通の人が定住することによる効果が出るまでには時間が掛かりすぎるしかし、相変わらず第六次マンションブームは続いているが、都心部の住宅投資はそろそろ終焉を迎えそうだと耳にする。とりわけ都心でのファンド系の動きが収まりつつあるということから、都心回帰の動きも安定期に入る予兆がある。

こうした動きは多摩ニュタウンにおいても完成後の売れ残り物件が出始めており、供給はすでに過剰気味であるようだ。三〇歳代後半から四0歳代前半の住宅取得熱はバブルの勢いを彷彿とさせるほど熱かったが、そろそろ金利上昇や税の優遇措置の廃止など、購入意欲をそぐような状況もあ

り、買い一辺倒だったマンション供給にも息切れ感がしてきた。

買えるから買うという短絡的な発想で、家賃より安いローン支払額が将来の不動産価値や人生設計を左右させることを安易に決めてしまうような買い物がまかり通ってきた人生の最大の借金を抱えて、最大の家族人員に合わせた住宅規模を購入する。長期ローン低金利「万がを組んでしまう。という悪魔のささやきに、1抹の不安を抱きながらも、一の場合は親の資産が……」。パラサイトの甘えは根底に潜んでいて、無理を承知でよりよい住宅に夢を託す買い方がまかり通っていた。
耐震偽装もこうした購買意欲を失わせるものではあったが、すでに団塊ジュニア層の住宅も含めて住まいのニーズは満足されたのだと判断している今後はゆっくりと引き潮の時代が始まっていくことになるが、新耐震以降の長期活用可能な共同住宅が、未来の都市の資産として活用されることになることで、将来の豊かな居住を約束しているものだということを改めて理解して、長期に渡る都市経営のありかたを考えることをしよう。
われわれは漸く都市の住宅ストックを前提にした都市再生の起点に立っているのだ。とりわけニュータウン開発という都市資産形成の為に大量の資金投入を受けて出来あがった都市基盤を受け継いでいくことができるのだから、このチャンスをものにすることは今を生きる者の義務とも言える。

損することもあり得る

短期譲渡所得

住宅ローンの怖い金利国の貯蓄動向調査では、毎年のように三〇歳代後半から四〇歳代前半の住宅宅地に対する負債が増大していることを教えてくれる。本来、家族の成長に会わせた住宅取得が平均同一世代の住宅ローンなどの借財は同一であるはず。しかし、的に行われるならば、実態はここ10年くらいで住宅などの負債が倍増しているのだ。
つまり住宅を初めて取得する一次取得世代の若返り化や借家よりは持ち家という志向の高まりが原因で、団塊ジュニア世代も含めた住宅取得年齢の拡大が背景にあるようだバブル経済の崩壊により負債を抱えた銀行をそれに加えて住宅取得金利の低下があり、救済すべく長期に渡るゼロ金利を続けた結果、借りやすい環境も生み出すことになった。

バブル経済は不動産バブルの負債を結果的に銀行に集約した格好になったが、銀行は基本的には利ざやで稼ぐ商売だから、その負債を取り戻すためには確実な借り手を捜さなければならない。そこで白羽の矢を立てたのが若くて返済能力のある住宅一次住宅取得層だった。

国も事態を改善するためにと、とにかく銀行の支出である預貯金金利を抑え、さらに貸しやすくするために徹底した低金利政策をとり、借り手のいなくなった銀行を守ろうと必死になる。市場には低金利が次第に浸生前贈与の税の緩和措置、住宅取得控除の継続、透してきて、これまで見向きもしなかった個人向け住宅ローンを都市銀行が奪い合うようになった。住宅金融公庫からの借り換えの動きも激しくなり、低金利政策の結果で唯一庶民の住宅取得の手段だった住宅金融公庫の陰も薄くなり、平成一九年四月、金融公庫は独立行政法人住宅金融支援機構として改組し第一線の個人融資から手を引いた。

住宅融資が民間の手に渡ると、金融機関は毎月の支払いが少ない低金利の変動型の長期ローンを推奨することになる。銀行にとっては長期にわたって収益を確保し、収益を最大にするためには長期ローンに限る預貯金金利が殆どゼロである中で、確実に収入が見込める住宅ローンのお客様は上客である。
返済が滞って保証協会が返済額をも確保してくれるし、万一の団体顧客の死亡などにも生命保険は返済を保証してくれているのだから、銀行にとって絶好のお客様ということになる。
日本のニュータウンを知る住宅金融公庫時代は抽選に選ばれなれれば融資が受けられなかったし、住宅の性能を確保するための公的な現場検査も義務づけられていた。しかし、民間融資には融資基準はあるものの中間検査などの資産価値を確保する方策はない。これは融資の考え方が変わったということに尽きる。現在の住宅取得の為の融資は個人への融資であり、建物の価値を担保にした融資ではない。だから建物の質は特に評価しなくても融資は成立する。どのような仕様で建築されようが、建物の価値を評価するのではなく、個人の返済能力を審査するシステムである。
本来、資産に対して設定される抵当権せいぜい購入価格の六割くらいが相当額だが、現実には100パーセントの融資が可は、能な状況である。これは、保険制度に支えられた融資システムによって作られた持ち家誘導政策に他ならない。だから、万が一破産しても建物だけでは返済ができない現実がある。唯一、返済が可能な方法は購入者が自殺するしかないという状況は悲しい。
民間ディベロッパーによる大量の新規住宅供給が展開され多摩ニュータウンにも現在、ている。
内容的に一次取得層と二次取得層に購入層が分かれる物件が供給されているが低価格を全面に出しているマンションは買いやすい価格に設定され、「家賃で払えるロがセールストークになっている。夢を抱いて住宅購入している世帯に水を差すのも気ン」の毒だが、住宅ローンには危険が孕んでいることを知ってもらいたいと思うのは、多摩ニュータウンで豊かに住み続ける方法を伝授したいからに他ならない。

都市と空き家事情今や住宅購入者の感覚は、ローンの額を家賃と同じと考えているようだ。
生涯、同額の家賃を払って行くと考えると同じであるが住宅ローンと家賃とは基本的な違いがあり、住宅ローンの場合は、一旦買ってしまうと家族の成長変化に住み替えなどで対応できないこ家賃より安いとを覚悟しなければならない。

が住宅購入動機の大きな要因だし、売り手側もそれを強調する。「住宅販売会社では最長のローンを勧めますが、私は最短の期間を選ぶことをお奨めします。」が友人のファインナンシャルプランナー(FP)誠氏の言。長期になればなるほど金利分が増えるだけで払いやすさは生涯支払額を増額させるだけ、銀行の経営を助けるだけという意識が欲しい。そして、長期になればなるほど予測のつかない約束をしているようなものであることを知らなければならない。
平成一五年10月に五年ごとの全国調査である住宅·土地統計調査が実施され、平成一七年に結果が発表された。全国で住宅総数に対して111.11パーセントのその結果、空き家があると言う報告だった。それは世帯数に対しては一四パーセントほどになり、さらに増える傾向が続いている。
こうした空き家の発生は、これまで地方の過疎地に発生す

る空き家が問題になっていたが、今の空き家は都市部の空き家であり、あなたの隣近所の空き家が増加しているのである。
10軒に1軒以上が空き家になっている状況は、世界的に見ても尋常ではない。その空き家がどこに集中しているのかを紐解くのにデータでは、架空の話をしていても真実味が伝わってこないので、は語ってくれる。東京を中心とした七〇キロメートルの空き家状況についてのデータで見てみよう。
ちなみに多摩ニュータウンは二0-三0キロメートルの位置になる結論から言うと、都心部は都心回帰で空き家が少なくなったが、東京から一0S二〇キロメートル付近に集中している。
グラフで示した空き家の総数が飛び抜けて多いのが一OS一10キロメートル圏である。かなり市街地として高密度で、ゴミゴミしている密集地も多い。

悠々白適