遺産分割の方法による節税対策(相続開始後の対策)

遺言が見つからない

こうした状況を前提とした市民共生の取り組みができないものか、新たな広域連合の考え方を模索提案してみたい。二00六年には人口減少社会が始まり、九年ほど遅れて世帯数も減少し始めるが住宅の供給量は変化しないでそのまま増え続けるとどうなるのか。日本全体の住宅供給量の推移がこのまま続くと想定した場合、世帯数の増加が止まってからの空き家の数は急速に増加する。仮定ではあるが日本の住宅産業の生産スピドが落ちず世帯数が延びなければ空き家の数は約一五年間で倍増する。
当然、市場原理が現状の住宅バブルの勢いを思うと、働き、供給は抑制され需給バランスは保たれるが、今後の住宅需給環境が劇的に変化しなければ、柔軟にバランスを取ることができないことはまもなくある種の住宅バブル崩壊のような状況が来るように従って、容易に読みとれる。思えるのだ。

世帯数が増えなければ新規供給も必要なくなるのだが、日本の住宅産業の勢いは止まらないとすれば、その行き先はどうなるのか。
人口減少のない都心部では老朽家屋は整理され、再開発や密集住宅地の整序が進むと思われ、スクラップアンドビルトが続くだろう。人気がある一方、郊外の住宅地では新規分譲住宅に新規世帯が集中し、賃貸住宅市場が打撃を受け、未曾有の空き家を発生させる可能性が高い。
そしてさらに過疎地域や衰退する都市には空き家が急増してゴーストタウン化することも現実問題になるだろう。また住宅が飽和状態になると別荘のニーズが俄然出てくる。二地域居住などと国では提案しているが、豊かさの代名詞としての別荘族が増えてくると思われる。資金的にも時間的にも余裕のある世帯が顕在化すると、こうした世帯の別荘が生まれ始める。
国内だけではなく海外も含めてだが、西表島や竹富島に移住している人達も、こうしたニーズから生まれた現象かもしれない。

今後の都市の盛衰は統計からも明らかである。
国勢調査で都市規模別の人口推移を見ると人口一。0万人以上の大都市は今後も人口規模を拡大しそうだし人口一0万以上の都市も何とか維持できそうな気配である。

住民票(世帯全員)しかし人口が五万を切るとその推移は保証できず、将来的には人口規模を縮小せざるを得ない町も現れるだろう。盛んに行われている平成の大合併も、こうした小規模市町村を吸収して実態として消滅させる原因にもなり、統計の中からは消滅すこの場合、小都市はどうなるのか。どの様に対処すべきなのか。郊外に位置するニュ都市経営の舵取りは難しい。タウンも小都市の中に入るとすれば、ニュータウン衰退のシナリオまず人口が減少し始め、やがて世帯数も減り始めると、ニュータウンの衰退は、空き家の増加という形で顕在化する。
住まいの需要が供給を下回るようになると、次第に地価も建物の中古価格も下落する。売り手は早く売り抜けようとするが、買い手は少なくなり、たとえ買い手がいる場合も将来の値下がりを見定めつつ底値を待ち、希望に沿わなければそれがさらに価格を引き下げる要因になる。応札しない状況になる。

いわゆるデフレスパイラルの小地域版であるバブル経済が崩壊したときにも同様な状況に陥ったが、急落した地価で不良債権を抱えしかしこれからのデフレスパイラルは全国的てしまった日本経済は長期の不況に陥ったな人口減少に始まり、じわりじわりと世帯数の減少も始まって来るという、いわば真綿で首を絞められるようなゆっくりした下落なので、気づかずに過ぎていく可能性もあり、いつの間にか奈落に落ちているというように対応にも苦慮する状況である

これまで過疎地域で起こっていたこの現象は将来に渡って日本のどこにでも発生する。

住まいの循環

さらに顕著に至る所で発生することになる。現象が様相を変えて、とりわけ地方都市の郊交通の不便地区はその対象になりやすい。なかでも一般に外部で発生する可能性は高く、都市の拡大に併せて人工的に、しかも山を切り開いたりニュータウンと呼ばれる地区は、都市拡大の勢いに無理をして開発した宅地だから、その利用価値が薄れ谷を埋めたりと、デフレスパイラルが発生する可能性が高い。
ると一挙に衰退の道へと進み、今のところ、こうしたデフレスパイラルに陥ったニュータウンを復活させるための救済少子化が進めばファミリー世帯用の住宅は余ってきて、子育ての為にわざわ方法はない。職場近くの住居が手にはいる可能性が高くなる。
また、遠距離通勤をすることなく、高齢化すれば小規模住宅のニーズも高くなり、老朽化していても家賃の安い賃貸住宅へのすでに当初の目的であった住宅ニーズが必然的に高くなると言うお粗末な現象も現れる。
余った住宅をどのように活用していくかが課題になる不足への対応は終了しているので、七00万人を擁する団塊世代にとっても、子育てと通勤の為の住宅利用は終了し、子供は自立し、世帯主は退職して通勤の義務もなくなる。
信頼できるそうなればニュタウンに留ほる必然性もなく。後半の人生を南の島でリゾート地域に別宅を求め過ごすために住宅を売り、て年金生活を楽しむという選択をする人も現れる。第二の人生を営む場所が確定すればニュータウンの家や土地を売却して新しい人生に活かしたいと考えるのは当然であるといっても、その家を売りに出しても子育て世帯はさらに地価が下落し続ける。
なか買わないとすると、なか処分できない場合はそのまま維持することになる必要の無い場合は値を下げてでも売却することにが、こうして売買が成立するのだが、さらに地価がなる。下がり空き家が頻発するようになると、地区全体の資産価値の下落を誘発し売値は急速に減衰して行く。
海外の例のように悪くすればゼロ、さらには持参金付きで売却するという羽目にもなりかねない状況がこれからは起こる土地や建物には固定資産税が掛かり維持管理費が必空き家の維持管理はさらに費用が必要にな要である。り地価もゼロに近くなると、その費用を負担するのも有料で処分するゴミと同様な扱大変だ。
究極の先は、いになる可能性だってある。たとえ農地に再利用した一端宅地になった土地の課税基準は宅地のままであり、使わなくなった土地はとしても、建物は管理できなければ廃屋になり負担になる。農地だって耕さなければ土地は疲弊し、ニュータウンの未来の姿が此処にある。宅地は荒れ地になっていく。

地方都市の郊外に展開したニュータウンの多くはこうしたシナリオに行き着く可能性を秘めており、この呪縛に陥らないように地域で知恵を絞って難局に立ち向かうことになる。

家で死ぬ

その時、ホットスポットになれるのかコールドスポットとして奈落の底に落ちるのかは、その地域に居住する住民の手腕にかかっている。国や行政の支援には限界があり、実質的に地域を変えるのは其処に責任を持って居住する住民に他ならないのだから……。今後の社会は地域間戦争の時代にはいる。魅力あるまちは生き残り、魅力のないまちは滅びる。魅力のないまちから魅力のあるまちへの人口移動が始まり、魅力あるまちは一層魅力に磨きをかける。それらは全て居住者のまちづくりへの取り組み次第で決まる。一か八かの挑戦でもある。
行政がテコ入れをして何とかなる時代ではない。すでに時代は居住者が運命を握っている。滅びるまちもあり、必ずしも努力してもだめな場合もある。それが地域間競争と言うものだ。あなたのまちが生き残れるかどうかは、やはりあなたに掛かっている。あなたの参加で、まちづくりは始まる。共に明日のまちづくりまち育てに真共にまちを育むことができるのだ。

剣に取り組むことで人の心を変え、|IO○七年問題「というと、暗い印象を持つものだが、問題」地方都市やニュータウンにとっては明るいテーマでもある。会社に時間を奪われていた人が地域に戻ることであり、高度成長期に都心に向かった世代がUJIターンをすることもあり、うまく回帰現象が進めば地域は潤う可能性がある。
高齢者を呼び込むことになる「将来の福祉に係わる費用が一面ではなどと否定的な見方も無いわけではないが、増大する」すでに地域へ戻る団塊世代の争奪戦が始まっている。
クレープそれも広域的に、ある意味ではグローバルに物事は動き始めている。

日本の地域間競争が始まっていることを端的に物語るのが二00七年に始まった団塊世代の争奪戦である「人口減少に悩む自治体は田舎暮らし体験ツアーや就業支援策を掲げ、移住による活性化をめざす。都市部でも技能を持つ退職者の再就職あっ緊縮型予算が目せんに力を入れる。

立つ中で、各自治体は約七00万人にのぼる団塊世代退職者争奪に知恵を絞る。として、朝日新聞紙上で都道府県の取り組みを紹介している。
まさに地域間競争の始まりである団塊世代の高齢化が自治体の財政を疲弊させることを恐れる行政もあるが、有り余る資力や経験や技術力を活かして地域を活性化させようと転入を招来する自治体も現れている。
一世帯当たり約二千万円の金融資産と居住する不動産を持つ世代である今後、定年退職を迎えて1ターンやUターンを期待する地方や海外諸国が、ゆとりのある世帯を中心に呼びニュータウンから寄せをする中で、有力な資産を移動させないためにも、また、ニュータウンに有能な人材と資力を取り戻すためにも、その地域力が試されるところでもある。

子供が巣立ち通勤も必要がなく一方、移動を意識する団塊世代側の考え方は多様で、なったとすれば、子育てと通勤の折り合いをつけて選んだニュータウンに未練はなく、新天地を求めて移住することは容易である。とりわけニュータウンは子育てと通勤に都合の良い環境が整えられている都市であり、居住者もその目的で移住して来る居住移民でもぁ転居に対する抵抗はない。

不動産処分についても、るので、多摩ニュータウンなどの場合は比較的中古物件もファミリー世帯には需要があるので、そこそこの価格で不動産を手放して夢のリゾート暮らしを始める世帯も登場する。そもそも血縁のない土地であり、定住他に住み良いところがあれば移住は簡単に行われるだろう。意識は希薄なはず。
子育てと通勤という拘束条件が無くなった糸の切れた凧は気の向くままに新たな人生を求めて歩き始めるに違いない。すでに、団塊世代よりも先に退職した昭和10年代世代には都心回帰や田舎暮らしを始める退職者が増えている。
中でも沖縄については転入に暖かく物価の安い住まい方を選ぶ移住が増えている。中にはよる人口増加が顕著であり、

フィリピンやマレーシアなどの東南アジアを始め、カナダ、ヨーロッパ、アメリカ、オストリアやニュージーランドなど、世界の国々への海外移住組も顕著に増加している。
今後、団塊世代の退職とともに顕在化するであろう新たな住処の選択は、それが社会的な制約に左右されない自由な選択になるだけに、その動きが今後の地域間競争のポイントになる。